Top > ニキビの出来る原因

ニキビの出来る原因

思春期ニキビ等ニキビの出来る原因は様々です。女性の体にはエストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモン物質がありますが、これらが生理の周期によって変化することが原因になって、女性の「生理前ニキビ」が発生すると考えられています。出産や妊娠などには必要な女性ホルモンであるプロゲステロンは、その反面で皮膚の下の角質を厚くしたり、皮脂をたくさん出すような働きをします。

生理前ニキビができやすくなる原因には、こういったプロゲステロンの作用でニキビのできる環境になることが考えられます。こういった原因以外にも、ニキビができる要因はあります。日常の生活からくるストレスや添加物の多い食品に含まれている有毒物質、また飲酒や喫煙などは解毒作用が弱まる一因になります。

体内の解毒能力が落ちることによって皮膚についた菌への抵抗力が弱くなり、ビタミンが少なくなることで黄体ホルモンが壊れにくさを増します。黄体ホルモンを壊す力が衰えることで、皮脂が過剰に増えやすくなるのです。また便秘になると、排泄されるはずの毒素が吸収されて、処理しきれない毒素は皮膚へ出てくるので、これもまたニキビの出来る原因になります。

また、間食などで甘いものをたくさん摂りすぎると、菌に対する抵抗力が落ちる原因になります。睡眠不足などで肌がカサカサになり、肌の調子が悪くなってニキビが悪化することもあります。また、紫外線によるアクネ菌も同様の結果をもたらします。ニキビを解消するには、肌のケアはもちろんですがきちんとストレスを解消し、規則正しい生活を送ることも重要なポイントです。

 

 ED(勃起不全)の原因と予防  パワースポット  豆乳ダイエット
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
ニキビの出来る原因(2009年11月14日)
思春期のニキビ(2009年11月14日)
ニキビの皮膚科治療(2009年11月14日)