Top > 思春期のニキビ

思春期のニキビ

思春期ニキビが出来る原因は様々です。男性ホルモンは皮脂腺を刺激し活発化させる働きをしますが、思春期は男女問わずこの男性ホルモンの分泌が活発化します。思春期ニキビができやすくなる原因には、この男性ホルモンによる皮脂腺の活発化があると考えられています。

たとえ女の子でも、思春期に入ると男性ホルモンの分泌が活発になり多く分泌されることが判明しています。男性ホルモンの分泌が盛んになると、男性ホルモンが毛穴の中の皮脂腺を刺激し、結果皮脂が過剰に分泌されます。これが思春期ニキビになります。

皮脂腺からは絶えず皮脂が分泌されているものですが、思春期には分泌量が増えて毛穴の角質層が厚くなります。白ニキビは皮脂によって狭まった毛穴に脂肪が詰まることで発生するもので、白いものは脂肪分です。詰まった毛穴に常在菌のニキビ菌が増殖してしまうと、炎症・化膿を引き起こして赤ニキビに発展してしまいます。

このように思春期のニキビが出来た人は、大人になれば治ると思われる場合が多いです。ホルモンバランスの乱れは思春期の終わりに頃には元通りになるので、ニキビの大半はなくなります。思春期に分泌され皮脂腺を刺激していた男性ホルモンが少なくなるので、ニキビの発生する原因も自然と取り除かれていくのです。思春期にはお肌を清潔にし、10代から過度なお化粧をしないことも大切だと思われます。

 

 ヘアカラーの種類と選び方  キャベツダイエット  七五三
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
ニキビの出来る原因(2009年11月14日)
思春期のニキビ(2009年11月14日)
ニキビの皮膚科治療(2009年11月14日)